ブログ

《ルーカス》ジューンブライド / なぜ6月に結婚する花嫁は幸せになれる!?

結婚の時期として

『ジューンブライド(June bride)』という言葉を

聞いたことがあると思います。

「6月=June」ですよね。

ジューンブライドは

「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」

という意味が含まれます。

ところで、なぜ6月に結婚するといいとされるのか、

その理由は知っていますか?

《ジューンブライド》

なぜ6月に結婚する花嫁は幸せになれる!?

ローマ神話にはユピテル

という主神がいます。

その妻であるユノ(Juno)は

女性の守護神であり

同時に

『結婚や出産を司る女神』

でもあります。

ユノが守護する月が

6月であることが由来となって

6月の英語名がJune(ジューン)

となりました。

「6月に結婚をする花嫁は

 生涯幸せに暮らせる」

と言われるのも

このユノが守護していることが

その由来となった経緯があります。

また別の理由として

当時のヨーロッパでは

農作業の妨げとなることから

3月~5月の結婚が禁じられており

その反動で解禁となる6月に

結婚をするカップルが多かったから

とも言われています。

またヨーロッパでは

6月は1年間で最も雨が少なく

天気の良い日が多い時期にあたり

結婚式に最適だったことも

広まった理由の一つです。

ただ、日本では6月は梅雨の時期なので

結婚式を挙げるかは迷うところですよね。

そうなのです。

実際に日本では

6月はもともとは梅雨の時期で

結婚式を行うカップルは少なく

ホテルや結婚式場は

閑散としていたのです。

そこでこの梅雨の時期の売り上げを

どうにかしたいと考えた

当時のホテルオークラの副社長が

売上アップの施策として

このヨーロッパの言い伝えの

『ジューンブライド』を

広告として使い始めたことが

日本で広まったきっかけとなったのです。

この言い伝えが

日本でも広く浸透したのには

日本人の国民性が

「縁起を担ぐのが好き」

であるということも

関係あるかと思います。

ここで気をつけなくてはいけないのが

あなたにとって

6月に結婚をするのが必ずしも良い

というわけではないことです。

中には6月に結婚をすることが

大凶になる人もいるんですよ!

あなたやパートナーの運気の状態を見て

お二人にとってベストな時期を

見極めることが大切なのです。

そんな時は

紫微斗数などの的中率の高い

高等占術がオススメです。

『紫微斗数(しび・とすう)』では

あなたの運命の転換期や結婚相手との相性、

将来の子供や住まいなどのことまで予測します。

いざと言うときの

あなたの人生の手助けにきっとなるはずです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ほしよみ堂/占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)

対面の鑑定占術のレッスン受け付けています。

<鑑定 or レッスン 予約>はこちら↓

【対面鑑定(原宿店)】

【対面鑑定(鎌倉店)】

【対面鑑定(浅草店)】

【オンラインZOOM鑑定】

レッスンは

数秘術、タロット、手相、紫微斗数

で随時受け付けています。

お店へご連絡いただくか

公式LINE(ID:@026zrzno)

【ツイッター】でもご予約受け付けています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.

ルーカス伽豆海

心を癒し真の解決に導く占い師。仕事と恋愛相談が得意。

 >  《ルーカス》ジューンブライド / なぜ6月に結婚する花嫁は幸せになれる!?

ページトップへ