ブログ

里村 天胡  占いに行こう~「子育て編」

私は、今までに延べ5万人ほど鑑定してきましたが、

おかげさまで、親子孫三代にわたるご縁を頂いている方も多く見えます。

その様な中で今の時期は、

子供の育て方や進路について相談に見える親御さんも増えてきます。

 

子供の可能性を少しでも伸ばして幸せになって欲しいのは、

皆さん共通の願いですよね。

 

でも親が医者だから「医者にさせたい」というのは

環境的には良い選択かもしれませんが、

子供さんにしたらどうでしょう?

父親が社長だから跡取り…これも周囲からしたら当然の希望ですよね。

でもその子の特性と合っていなければ苦しいですよね

人は、30歳ぐらいから身宮と言って本来の今世での自分を自覚するようになると言われています。

親や環境の影響下から自己を確立していく時期なのです。

「紫微斗数」では、お子さんの魂が形成される年齢域も解りますし、

「四柱推命」では、父か母か?どちらの影響を受けるかも観て取れます。

早くから子供の性質を知り、サポートして自立させていくのが親の務めです。

親の思う通りにではなく、子供の人格を尊重して子育てするのに「紫微斗数」や「四柱推命」はお役に立てます。

産まれた時間を調べてぜひお越しくださいね

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

里村 天胡

鑑定歴約30年 様々な占術を使い悩みの本質にアプローチします。自身が店を経営していた経験も活かし社長さんの経営や人事・結婚から赤ちゃんの命名と幅広く占断します。

 >  里村 天胡  占いに行こう~「子育て編」

ページトップへ