ブログ

《ルーカス》母の呪縛がもたらす子供の嘘とホント

母の呪縛がもたらす子供の嘘とホント

 

 

「母という呪縛 娘という牢獄」

という書籍を知っていますか?

 

これは2018年に

滋賀県で実際に起きた事件に関して

ノンフィクションで書かれた作品。

 

 

「医学部9浪の娘はなぜ母を刺殺したのか。」

と書かれた帯。

 

 

 

相談者の鑑定をしていて

この小説のことを思い出すことがあります。

 

 

 

 

 

 

※一部ネタバレがありますので

内容を知りたくない方は

読み進めるのをお控えください。

 

 

 

 

 

 

娘に自分の思う道に進んで欲しい厳しい母

 

母が思う道とは違った自分の進みたい道がある娘

 

親に求められるものと

それに満たない/沿えない自分とのギャップを隠すために

いつしか多くの嘘をつくようになる。

 

それでもその嘘も見破られ

激しい罵声や暴力を浴びせられ思考を奪われていく。

 

 

母親の教育から逃れようにも逃れられず

最終的には母を殺めてしまった娘の

苦悩と葛藤が鮮明に描かれています。

 

 

 

 

 

 

 

ずいぶん前になりますが

僕の人生の中で

日頃から嘘をつくことが日常化している人に

2人出会ったことがあります。

 

 

2人ともに共通していたことは

親の教育がとにかく厳しかったこと。

 

親の愛情が深かったのか

親の世間への見栄のためだったのか

 

彼らにとっては

それが唯一の自分を守るための

手段だったのかもしれない。

 

 

当時の僕は

何か力になれればと思ったものの

結果的に何も力になることはできなかった。

彼らを変えることはできなかった。

 

 

 

 

 

「運命は変えられる」という人がいます。

僕も変えられると思っています。

 

 

でも人のことは変えようと思っても

なかなか変えられるものじゃない。

 

こうなって欲しいと望むことは

いいかもしれない。

 

人は自分の思い通りにはならないと

思っておいた方がいい。

 

 

わかって欲しいという気持ちも

あくまで自分本位の考え方なんですよね。

 

 

 

人は人のことなんて

結局わからないのです。

 

 

 

変えようと思って変えられるのは

自分自身の運命だけです。

 

 

自分自身の

意識を変えて

思考を変えて

行動を変えて

習慣を変える。

 

 

それが間違った方向じゃなければ

いつしか明るい道は見えてきて

 

それに伴って

あなたの周りの人も

変わっていくのです。

 

 

 

 

冒頭で紹介した書籍に出てくる娘「あかり」は

どう生きたらよかったのか。

救いの道はあったのか。

それはわからない。

 

 

でも僕は鑑定をしていて思うのです。

 

その思考のままでは

きっとこれからも苦労する。

これからも苦しい道を自ら選んでしまうと。

 

 

だからこそ

鑑定にこられた方には

一つでも何か幸せになるヒントを

持ち帰って欲しいと願っているのです。

 

せっかく出会ったご縁なのですから。

 

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

IMG_7217のコピー.JPG

 

ほしよみ堂/占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)

 

対面の鑑定占術のレッスン受け付けています。

 

<鑑定 or レッスン 予約>はこちら↓

【対面鑑定(原宿店)】

【対面鑑定(鎌倉店)】

 

【オンラインZOOM鑑定】

 

レッスンは

数秘術、タロット、手相、紫微斗数

で随時受け付けています。

 

 

お店へご連絡いただくか

公式LINEID@026zrzno

【ツイッター】でもご予約受け付けています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

The following two tabs change content below.

ルーカス伽豆海

 >  《ルーカス》母の呪縛がもたらす子供の嘘とホント

ページトップへ