ブログ

《ルーカス》手相占い / 生命線⑤(起点と終点の乱れ)

先日書いた生命線のブログの続きです。

 

生命線と一言で言っても

さまざまなパターンがあるので

比較を含めて一つ一つ紹介していきます。

 

 

 

《手相占い》基本線「生命線」の見方⑤

 

生命線において

”時期” に関係をする部分を紹介します。

 

生命線は親指と人差し指の間を起点として

歳を重ねるように手首に向かって

弓状に伸びていくと見ます。

 

 

つまり

「生命線の前半が人生の前半」

「生命線の後半が人生の後半」

と判断します。

 

 

そのため、前半が乱れている

(鎖状/切れている/房状など)場合は

幼少期や青年期に体が丈夫ではなかったと判断し

 

後半が乱れている場合は

晩年にかけて体調の変化に注意と見ます。

 

 

また特にどこが弱りやすいかというと

 

前半の乱れは「気管支炎など呼吸器系の弱さ」

後半の乱れは「消化器系の弱さ」を表します。

 

 

 

 

 

【起点付近が乱れている】

若い時に病弱または精神的苦痛

 

起点付近が鎖状など乱れていると

幼少期に体の弱かったか

または精神的なストレスが多かったことを表します。

 

起点付近が切れ切れしていたら

疲れやすく諦めやすいタイプです。

ただ年齢を重ねるうちに生命力がアップしていきます。

 

 

 

 

 

【終点付近が乱れている】

晩年に体力の低下

 

生命線の下部は晩年を意味します。

 

そのため前半が乱れていないとしても

終点が房状など乱れている場合は

 

年齢を重ねてからの

急速な体力低下や老け込みに注意と見ます。

 

 

 

 

まだまだ生命線の

様々なパターンがあるので

 

また今後のブログで

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他の手相占いの記事はこちら↓

手相占いブログ アーカイブ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご自身の「手相」がどうなっているのか

気になる方は実際の手相鑑定のご予約も受け付けています。

 

鑑定では

恋愛や結婚、仕事や健康面など

あなたの悩みに合わせて様々な観点で

あなたの人生を読み解いていきます。

 

「今後、良い出会いがあるのか?」

「私は結婚できるのか?」

「どんな仕事が向いているのか?」

 

など手相や他の占術も合わせながら

宿命や運命、これからのあなたについて

具体的なアドバイスとともに伝えていきます。

 

もし手相占いを習ってみたい!という方には

【手相占いレッスン】も行っています。

 

鑑定やレッスンのご予約はこちら↓

【WEB予約申し込み】

【ツイッターDMから予約申し込み】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

IMG_7217のコピー.JPG

 

ほしよみ堂/占い師

ルーカス伽豆海(かずみ)

 

対面の鑑定占術のレッスン受け付けています。

 

<鑑定 or レッスン 予約>はこちら↓

【対面鑑定(原宿店)】

【対面鑑定(鎌倉店)】

【対面鑑定(浅草店)】

 

【オンラインZOOM鑑定】

 

レッスンは

数秘術、タロット、手相、紫微斗数

で随時受け付けています。

 

 

お店へご連絡いただくか

公式LINEID@026zrzno

【ツイッター】でもご予約受け付けています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.

ルーカス伽豆海

 >  《ルーカス》手相占い / 生命線⑤(起点と終点の乱れ)

ページトップへ