ブログ

生命線が「切れ」ているのは悪いことなのか?

お客様が心配になってしまう

手相の代表ともいえる生命線の「切れ」。

 

名前に「生命」なんて入っていて、

しかもそれが「切れ」ていたら、

それは誰だって不安になります。

 

でも、切れている生命線の全てが

悪いとは限らないんです。

 

落ち込む前に、

その切れ方を確認してみましょう。

 

 

【 内側に重なるとき・大きく切れるとき 】

 

生命線が切れて内側(親指側)に

重なっているとき、

または切れて離れているときは、

その切れ目の年齢のときに、

肉体的なエネルギーがダウンします。

 

健康運だけでなく、全体的な運勢も落ち込むので

病気やケガが多くなったり、

トラブルに遭う可能性が高くなります。

 

危険度が高いスポーツは避ける、

今までと同じような生活はせず

慎重さを心掛けることが大切です。

 

 

 

【 外側に重なって切れるとき 】

生命線が外側(小指側)にカバーしながら

切れている場合は、

あまり心配はいりません。

 

生命力が強くなり、運気も順調になります。

 

今まで体力に自信がなかった人も、

バリバリ動けるようになり、

動けば動くほど成功する暗示でもあります。

 

 

——————————————————–+++


秋葉原で一番元気になれる占い師

ワカリミ

▶︎プロフィール

▶︎Twitterアカウント(@wakarimi_sowaka)


+++——————————————————–


占いのご依頼&ご予約は…

【対面占い】

20分/3,300円(税込)〜

延長は10分/1,650円(税込)

TEL:070-3876-8452

▶︎秋葉原ほしよみ堂公式ライン

【電話占い】

1分190円〜

▶︎ヴェルニ

——————————————————–+++

The following two tabs change content below.

ワカリミ

占い師浅草ほしよみ堂

最新記事 by ワカリミ (全て見る)

 >  生命線が「切れ」ているのは悪いことなのか?

ページトップへ